*論理エンジンは出口汪氏が開発した国語を体系的に学ぶことの出来る教材。
小学校低学年から大学受験まで論理は筋道を辿ることや文章構造の理解を深める独特の国語教育システム。

1論理的思考力を育てる

1論理的思考力を育てる
現代文は論理的思考を育む科目です。筆者の主張の道筋をたどることは論理構成を理解する事です。論理力の強化をすると国語力は必ず伸びます。それには一貫したやり方で学ぶことが重要です。
論理とは関係性の事です。読解力は関係性をひも解く手段を学ぶことから培われます。対立関係、イコールの関係、因果関係の分類を習慣的に行う読み方の育成が必要です。
まず一文の構造をひも解いて行きます。主語・述語の関係、修飾語の位置などを確認して構造を理解していきます。次に文章同士の関係性。そして段落構成の関係性です。そこに一貫して流れる筆者の主張をつかむ手法を段階的に習得します。
論理力が培われると他の教科に好影響を与えます。その設問が何を求めているかの理解が早く正確になることと、情報の整理力が鍛えられているからです。

2漢字学習マニュアル

毎回の国語の授業では、最初の20分ほどの時間に『漢字学習ステップ』をテキストにオリジナルに作成した漢字テストを行います。
毎回の国語授業の中に漢字学習を位置づけることで生徒は漢字を習慣的に学習し、次第に漢字を覚えることに負担を感じなくなります。しかも、その過程で身に付けた感じは単なる「読み・書き」ではなく、書き順・偏や旁・漢字の構成・画数・音訓・ことわざ・四字熟語も自然に学習することが出来ます。さらに、1年に1回漢字検定を受験することで、それまでに学習した漢字知識の定着を図り、達成感も経験することが出来ます。そのための漢字検定対策も行います。受験級の過去問に数多く取り組むことから1年間学習してきた漢字学習を定着させるよい機会を持つことが出来ます。
學志館の漢字学習(毎週の漢字ノート作りから9割合格の漢字テストまでの学習サイクルを身に付けることで、漢字力ばかりではなく、漢字(ことば)の覚え方の習得から日本語で書かれた文章、つまり、理科・社会・数学(算数)の文章をすばやく的確に読む下地を身に付けることが出来ます。

3トータルな国語力で日本語名人

漢字学習をベースに『論理エンジン』を主教材として論理的な文章の読み方・書き方を学習することで、一生使っていく日本語名人になり、将来日本人として生きてゆくかけがえのない学習力を學志館の国語授業を受けることで身に付けることが出来ます。

論理エンジンで
論理力を養成する
漢字学習で
読み書き・表現の
基本をつくる
トータルな国語力
(論理力+漢字力)を
体得し日本語名人になる