TEACHERS

TEACHERS

講師紹介

代表
英語・国語・社会担当
MASAAKI SHIMURA
志村 正明
法政大学卒業(社会学) 玉川大学大学院修了(教育学)
大学時代に出会った小原國芳の「母のための教育学」に深く共鳴。 その全人教育論に興味を抱き教育に関わる事を決意。大手塾専任、私立高校講師を経て 1994年に逗子に學志館を開校。「遠い塾より身近で近い塾へ!」をスローガンに地元密着型の学習塾としてスタート。近所の子どもたちが多く通うようになる。長男長女が入塾すると、下の弟たちや妹たちが順番に入塾し、10年以上のお付き合いになる家庭も珍しくない。 2008年能見台に2校目を開校。逗子との特性の違いを感じつつ9年目を迎える。 しかしここでも近年小学生、中学生で通った子が高1や高2で再開する事が増え校風が近づいてきていると感じる。
勉強がある能力に特化したスキルのように捉えられる時代。 映像配信授業が珍しくなくなり、機械化されたような授業で取りこぼしのない内容を保とうとする流れの中、 逆行するかのように、出逢えた先生の人間性に触れ、興味を抱き、理解を深めたことが記憶に最も残り、人生を構成していった想いが強まる。
人間性の裏打ちがある、言い換えると自分と直接繋がる知識、自分に意味があると感じられる学習、こういうことを意識できる環境を学力を育むと同時に提供でき場であればと思う。簡単ではないと思う。成績を上げ、トップ校に何人合格させることだけを動機付けとするのが簡単で分かりやすいが、教育は本来そういうものではない。「受験屋」なるものならば、それで良いかもしれないが、その裏には公表されていない数多くの不合格者がトップ校であればあるほどいるはずである。その公表されている表の数字に惹かれず、自分にはどういう勉強が必要なのかを考えてほしい。その上で是非、自分の求めるにふさわしい学びの場を見つけてほしい。学習塾は学校ではないので、自分に合わなければ、変えることも自由にできるはずである。学生の期間は短い。まして、小学校高学年から中学生の時期は特にそうである。その時期に、身につけた学習のやり方、身につけた知識はその後の人生における、学習の基礎となるといっても言い過ぎではない
そのために、學志館では一つ一つの問題に向かっていく中で自分がどう粘り強く自分自身に向き合い、本当に果たしたいはたらきを見つけていくかを1つのテーマにしている。ベースを自分自身の内側に構築する手立ての1つとして、厳格に実施される小テストにもそうした想いが込められている。
確実に自分の学力を向上できること。確実に自分の内面を成長させ、たくましくできること。確実に自分の夢を目標に努力できること。
座右の銘は  Where there’s a will, there's a way. 「意志有るところに道はある」
趣味はロードバイク。三浦半島一周に良く出かけます。
最近よく聴くアルバムはTaylor Swiftの"reputation"
教務主任
算数・数学・理科担当
MASATO NOSE
能勢 正人
東京大学卒業 東京大学大学院修了(超伝導工学)
鎌倉附属小中 柏陽高校出身 現役で東大合格
23年前に志村先生と初めて出会い、21年前の創設時より學志館一筋。
教材作製にも熱心で、中高生用の理科のオリジナル教材は秀逸。講習時の数学はすべてオリジナル教材。 また技能4教科を含む中学生の試験対策用オリジナル教材も毎回好評。 天才肌ながら、大の子供好きで、数学のセンスを伝授することに情熱を注ぐ。
能勢数学にはまる生徒は高3まで継続し、数学の教員志望の生徒も多い。 さらに、コンピュータプログラムにも精通し、學志館のデータベースを作成。生徒情報を一括管理し、公立・私立の入試判断を瞬時に出来るソフトを完成。受験指導や面談時に欠かせない學志館の重要アイテムになっている。 また、CG技術を駆使した年賀状も有名。
講師
国語担当
MIYU ISHIKAWA
石川 美由
湘南高校卒業 早稲田大学教育学部国語専攻卒
休日は家族全員でバスケットボールをするアクティブさだが雰囲気は優しく穏やかそのもの。 學志館の教育理念に共鳴、感銘を受け入社。自分が生徒になって教わりたい気持ちで一杯だそう。 司馬遼太郎や村上春樹を愛する自称活字中毒。 知らない土地に突然行ってみたくなる冒険家でもある。 末子が大学2年で、後は自分の翼のセカンドステージ!!意欲的に邁進中。
講師
英語担当
YOKO HASHIZUME
橋爪 洋子
立教大学英米文学科卒業
小学~大学受験生の英語まで経験が豊富な英語教育プロパー。
指導方針は5感で習得する英語。
サザンと福山が好みのポップな面も持ち合わせるお茶目な先生。
好きな劇団は劇団新感線。
講師
英語・国語 担当
MIDORI NISHIYAMA
西山 緑
東京学芸大学大学院修了
外資コンピュータ会社勤務後、英会話、英文速読指導を経て現職。小中学生の入門レベルから社会人ビジネス、大学受験や各種検定の英語指導を網羅。明るくわかりやすい授業は生徒の英語への興味関心を引き出す。美しい発音にはファンの生徒が多い。日本文学にも造詣が深い。仕事以外では専らテニスに没頭。
講師
数学・理科・英語担当
SEIKOU YASUDA
安田 整耕
慶応義塾大学卒業
全日空を経て、現在JAXA(宇宙航空研究開発機構)研究員。
大学時代アンダー20サッカー日本代表の経験を生かし、
地域のサッカークラブのコーチを長年務める。
自分の子供2人に受験科目の勉強をすべて教え東大に合格させた経験を生かし、
丁寧で粘り強い指導法に定評あり。趣味も多彩でフィッシング・カヌー、
そして趣味の域を越え、調理師免許も持つ現代のルネサンス人(万能人)
講師
国語・社会 担当
MIHOKO WATANABE
渡辺 瑞穂子
早稲田大学法学部卒業 國學院大學大学院博士課程修了
國學院大学講師
明るくおっとりとした様子から繰り出されるわかりやすい授業は、聴く生徒を引きつけます。
古事記・日本書紀の研究が専門。
歴史に造詣深く様々な地域の歴史についての講演も行っています。
趣味は旅行。京都へは年に数回必ず訪れ"古寺巡礼"を。神職資格ももっています。
講師
英語・国語・社会担当
KAZUMI KUBOTA
久保田 和美
上智大学文学部史学科卒業
海よりも深く山よりも高い人間愛の持ち主。
周囲の先生方からも尊敬されている。
生徒の状態を見極め、自信をつけさせる授業をする。
広範囲の知識を持ち、経験も豊か。
趣味は絵画鑑賞。美術館で休日の午後を過ごすのが楽しみ。
講師
国語・社会担当
KAWAZOE YURIA
川添 友里愛
北鎌倉女子学園高校 清泉女子大学 文学部 文化史学科
映画鑑賞が趣味で、特にファンタジーが大好き。お気に入りはチャーリーとチョコレート工場。 また、美術館巡りは毎週。シュールレアリズムのマグリッドとダリが好み。 水族館も大好きで、特にクラゲを観ていると本当に癒されるそう。 アクアパーク品川は年パス会員なり。 高校時代はダンス部。創作ダンスで自己表現する世界にはまっていました。
好きな言葉は「ありがとう」 生徒の頭の中をすきっと整理してくれそうな清潔で凛としたオーラの持ち主。
講師
算数・数学・理科 パズル道場担当
SACHIKO YAMAKAWA
山川 幸子
横浜国立大学教育学部卒業
元横浜市小学校教員
明るくおちゃめな先生。
子育て後、再び教育の現場に復帰し、様々な対象の生徒の指導に当る。
授業では生徒から前向きな気持を引きだし、嫌いな算数・数学も好きにさせてしまうマジックあり!! 最近では数学1の生徒が次の時には一気に4の実績も多々あり。
講師
英語・社会担当
YOUICHI SAGISAKA
匂坂 洋一
横須賀高校 青山学院大学文学部史学科
小学校6年生から學志館に通い、學志館スピリットを体現したようなサラブレッド。
明るく気さく。とかく覚えるのが大変になる社会科を興味を引き出して食わず嫌いを撃破。
生徒の人気絶大は分かりやすさとイケメンのせいか?
長年の學志館経験を生かして国語論理エンジンの指導、英語の授業も巧み。
スポーツは8歳から野球に熱中。ポジションはショート。
一方暇なときはツムツム。
好きなアーティストはフランプールでファンクラブマジ会員。
講師
国語担当
ASAMI HIRANO
平野 麻美
昭和女子大学文学部日文科卒業
迫力ある美声で演劇の台詞読みを連想させる語りは授業に生徒を引きずり込んでしまう。劇団に所属していた経験が今でも大の芝居好きに。中学生・高校生の授業では一人ひとりの生徒に対応した教材作りは定評がある。詩人としては草野心平に心酔。特に「カエル」の詩には、人間世界を捉える視点に共感するところが大いにあるらしい。どんな生徒に対しても、包容力あるアプローチからやる気を引きだしてしまう先生。
講師
理科担当
NOHARA UCHIDA
内田 のはら
横浜雙葉高校 昭和薬科大学薬学部薬学科
可愛いけれど落ち着いている頼りになる若手のホープ。
大学ではバレーボール部汗を流し、好きな芸能人は岡田将生とHKT48。
総合病院勤務の薬剤師になる道を突き進んでいます。
好きな言葉は 「禍福は糾える縄の如し」(おごりを感じさせないキャラクターを反映している言葉ですね)
理系苦手っ子を優しく正しく導きます!
講師
国語担当
ASAMI HIRANO
平野 麻美
昭和女子大学文学部日文科卒業
迫力ある美声で演劇の台詞読みを連想させる語りは授業に生徒を引きずり込んでしまう。劇団に所属していた経験が今でも大の芝居好きに。中学生・高校生の授業では一人ひとりの生徒に対応した教材作りは定評がある。詩人としては草野心平に心酔。特に「カエル」の詩には、人間世界を捉える視点に共感するところが大いにあるらしい。どんな生徒に対しても、包容力あるアプローチからやる気を引きだしてしまう先生。